Google Maps APIを使った高度な機能の搭載

subpage01

GoogleMapsAPIは、膨大な地図情報を使ったアプリケーションの作成をサポートしてくれるライブラリであり、近年では、多くの個人開発者や企業がこのライブラリを使って高度な機能を持つWebアプリケーションを開発しています。


飲食店などを運営している会社であれば、このライブラリを使って店舗情報における地図コンテンツを提供しており、利用者にとっては普段から使っている地図アプリケーションの使い方をするだけで、店舗までの道順を把握する事が可能です。

オリジナリティに富むGoogleMapsAPI情報といえばこちらです。

GoogleMapsAPIはオブジェクトとメソッドで構成されており、HTMLファイルに記載されているscriptタグからGoogleMapsAPIを呼び出す事で機能を使えるようになります。



その為、端末がインターネット接続されていたら、メーカーが指定するアドレスから呼び出す事ができ、パソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末でも利用出来るWebアプリケーションの開発を進められます。



高度な地図アプリケーションを開発するのに欠かせないGoogleMapsAPIは、非商業的な使い方であれば、無料ライセンスで利用する事が出来ます。


表示出来る総データ数や衛星写真などの解像度には制限がありますが、十分に求められる機能を持った地図アプリケーションの開発を行えるのが利点です。

また、有償版では高解像度の写真を使えるようになり、表示出来る総データ数も無償版と比較して大幅に増えますので、法人利用に最適です。