GoogleMapsの優れた地図を使えるAPI

subpage01

APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースの略称で、ソフトウェアの機能を共有するためのインターフェースの仕様のことです。
GoogleMapsはインターネット上で無料で使用できる地図ですが、アプリケーションプログラミングインターフェースを活用すれば自分のホームページに自由に導入できます。


他にも関連するAPIが存在しており、様々な機能を追加してGoogleMapsの利便性を向上させることが可能です。機能の追加サービスは主に企業のホームページを対象として有料で行われています。
無料の地図サービスだけでも十分な機能があります。
GoogleMapsAPIは企業・法人を問わず基本的に誰でも無料で利用できます。


以前は有料の地図サービスを利用するのが主流でした。


有料の地図サービスを利用する場合にはサービス提供会社に毎月10万円以上の高額な利用料を支払う必要があります。

GoogleMapsAPIに出会えて満足です。

また地図のデザインも予め決められた形式のものを使用します。
GoogleMapsAPIを利用すれば無料でホームページ上の任意の場所に地図を表示できるだけでなく、スタイルシートでデザインの変更も可能です。



実際に利用するにはGoogleMapsのAPIキーを取得してコードをHTMLファイルに記載するだけで済みます。



コードは一般的に公開されているのでコピーしてHTMLファイルに貼り付ければ足り、難しい作業は不要です。誰でも簡単に無料で世界中の地図を利用できます。